主な症状

いちご

 

現代人の生活には、様々な電磁波が飛び交っています。

 

太陽光の紫外線や赤外線をはじめ、電子レンジや携帯電話、テレビなどからも電磁波が発生しています。そんな電磁波が私たちの体に与える影響が、懸念されるようになりました。

 
当初、頭痛やめまい、視力障害などを訴えて医療機関を受診しても、その原因が全くわからず、仮病扱いされる人が続出しました。初めは、その原因が本当にわからず、匙を投げられていたのですが、あるとき電磁波が原因ではないかという結論に達したのです。

 
電磁波による症状として挙げられるのは、視力障害、皮膚の乾燥、鼻づまり、顔の火照り、口内炎、歯や顎の痛み、粘膜の乾燥、頭痛、異常な疲れ、めまい、肩こり、ひどいものでは呼吸困難、手足のしびれ、麻痺など、その症状は様々です。

 
しかしなぜ、電磁波が有害なのかその原因はまだ判明していません。

 
そこで、頭痛やめまいなどを引き起こす電磁波から、身を守るという手段が現状取れる最善の対策です。特に、幼児の方が大人に比べ、影響を受けやすいようです。電磁波回避グッズも多数販売されているので、こういった商品を効果的に利用して、つらい症状の緩和に役立てるのもひとつの手段です。

コメントは受け付けていません。