ストレスをためないように心がける

ドリンク01

 

 

頭痛や目の痛み、皮膚の炎症、口内炎、鼻炎、関節の痛み、異常な疲れ、呼吸困難やしびれといった症状を緩和するために一番良いことは、ストレスを抱えないよう心掛け、心の負担を軽くすることがあげられます。

 

このような症状は不快感や不安感を感じさせる大きな要因となり、不眠や食欲不振の引き金ともなります。精神的なプレッシャーを極力軽くするよう心掛けることは体の免疫力を高め、外的刺激から身を守るための根本的な対策となります。具体的な対策としては、忙しい時間帯でも5分間、ゆっくりお茶を飲む時間を作る、シャワーですませずお風呂を沸かして浸かる、規則正しい食生活をする、有酸素運動をして汗を流すなど、少しの気配りで改善します。とても忙しい生活を送っている方も、日中少しだけ太陽の光を浴びるよう、気分転換に外に出るなどしてみると良いでしょう。

 

さらに仕事や家事や育児、人間関係など、日頃から負担を感じるものをリストアップし、どうしたらより良い方法で気を楽に取り組めるか、見直しをする必要があるでしょう。協力をしてもらえる部分は積極的に周囲の親しい人の力を借りることをお勧めします。心身が健全で充足した状態に近付けば、抵抗力も強まり、あらゆる外部刺激から身を守る一助となります。

コメントは受け付けていません。