電磁波過敏症かもしれないと思ったら

スイーツ01

 

頭痛やめまい、鼻づまり、顔のほてりなどの症状に困り、医師に相談しても原因がわからず、諦めている人がいるようです。インターネットでも、そういった原因不明の症状に苦しむ人の相談がよく見受けられます。

 

実は、それは科学技術が発達した現代ならではの病気ではないかと言われています。つまり、電磁波の影響を受けているというのです。

 

通常、私たちが自然に受けている電磁波は太陽光の紫外線と赤外線です。しかし、科学が発達した現代では、それ以外に人工的な電磁波も多く飛び交っています。電子レンジやパソコン、テレビ、ラジオ、携帯電話など日常生活において、私たちは知らず知らずのうちに、数多くの電磁波を浴びているのです。

 

その電磁波を人よりも過敏に察知して、頭痛や鼻づまりなどの症状が発生してしまうのです。そこで、この症状を治めるには、そう言った人工的な電磁波の全くないところで生活するのがベストですが、現代社会において、まずそれは不可能です。

 

そこで、電磁波の発生源からなるべく離れて生活することが、この症状の軽減につながります。パソコンの長時間の使用を避ける、電子レンジを使用中は近づかない、未使用時は電源を抜く、携帯電話はなるべく頭から離して通話する、直接肌に触れるホットカーペットや電気毛布の使用を控える、とくに赤ちゃんは幼児は影響を受けやすいので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。