電磁波を発する機器

さくらんぼ

 

乾燥する季節です。

 

冬場は乾燥や、ストーブなど火災の多い季節ですが、年間を通して調理に使うレンジも、火の扱いには注意が必要です。

 

 

火の用心としては、ガス機器に比べて強さを発揮するIHクッキングヒーターですが、その便利さはそれだけではありません。電気なので火よりも細かい出力の調整が可能で、揚げ物の時に重宝します。
自宅で揚げ物をしていると、どうしても、だんだん油の温度が下がってきて、一定の温度を保つことが難しいですが、IHクッキングヒーターなら〝揚げもの〝キーを押すことで、最適な温度を保つことができ、家庭の揚げ物料理の味が見違えるほど変わります。

 

 

その一方で、IHクッキングヒーターが発する電磁波は、人体に有害だという懸念を持っている人がいるのも事実です。
電磁波が、健康に与える影響について警鐘を鳴らす人はいますが、具体的な人体への影響について立証されたデータはありません。

 

また、どこにでもあるから安全ということにはなりませんが、家の中でも多くの家電製品が、一歩街に出れば、携帯電話が発する電磁波も飛び交っており、携帯の発する電磁波は、距離が離れた端末まで届くほど、相対的に協力です。

 
電磁波は目に見えないから存在しない、ということはありませんが、目に見えず、立証されていない危険を避けて、火災の危険を軽減する便利なIHを避ける理由にはならないと思います。

コメントは受け付けていません。