電磁波の影響

キノコ

 

電磁波とは電気と磁気の両方の性質を持つ波のことで、電気が流れたり電波が飛び交うところには、必ず発生します。太陽光の紫外線や赤外線は、自然界にある代表的な電磁波です。このように、太陽光をはじめ、私たちの生活には様々な電磁波が飛び交っています。

 

そんな電磁波ですが、体への悪影響が懸念されています。

 

まずその代表格ともいえるのが携帯電話です。携帯電話を頭に近づけて通話すると、脳の血流が著しく低下することがわかっています。特に幼い子供への影響が懸念されるので、通話の際はなるべく頭から離す、イヤホンマイクを使う、長時間の通話は避ける、電磁波対策グッズの利用など対策が必要です。

 

また、ガスを使わないIHクッキングヒーターにも注意が必要です。機種により違いはありますが、高周波と低周波の2種類の電磁波が発生します。使用時間を短くしたり、使用中はなるべく離れて使用するのがいいでしょう。

 

また、パソコンは長時間の利用による体への悪影響があるとされます。デスクトップよりノート型の方が影響が強いようなので、ノート型を使うときは外付けのキーボードでコンセントを抜きバッテリーで利用するのがいいでしょう。
このように、現代社会において、様々な電磁波が飛び交っています。体への影響の研究は発展途上ですが、十分な対策をとるに越したことはないでしょう。

コメントは受け付けていません。